こんな時にAED

保育園/幼稚園

体調を崩しやすい小さな子供たちのために保育園や幼稚園など、小さなお子さまが多く集まる場には、小児にも対応したAEDの導入をお勧めします。
img-youchien

学校(小・中・高校/大学/専門学校など)

体育や部活動などで体を動かす機会の多い学校生活など、大切なお子さまを預かる学校では、万が一に備えAEDの導入が必要です。また、広い敷地内では、AEDの適正な台数の配置も重要となります。
img-gakko

オフィス

ビジネスマン多くが、一日のうちの多くをオフィスで過ごすなど、万が一従業員や来客者が倒れたときでも、AEDがあればより適切な救命処置が可能になります。
img-office

工場/制作所

工場や制作所は、体を動かして働くので怪我や事故などの労働災害が発生する恐れが、デスクワークなどに比べると高くなります。AEDがあれば、いざというとき速やかに救命措置が出来ます。
koujyo

商業施設(ショッピングモール/スーパー/飲食店/ホテルなど)

来店されるお客さまのなかには、突然、体調が悪化することがあるかもしれません。そんなときでも、AEDが設置されていれば、より万全・安全なサービスの提供につながります。
food

導入実績

jirei